禁止されずに済む副業の特徴について!!

サラリーマン副業は禁止されているのか

勤め先によっては副業は禁止と社則で明記されている所もあり、そうした企業に勤めながらの副業はバレた時のリスクを考えたら辞めた方が良いです。

一般的には年間に20万円以上給与収入以外に発生すれば、申告する必要がありますし、企業も給料アップが望めない時代になっていますから、副業を行えないと困るというサラリーマンも多いと言えます。

給料アップも望めずにボーナスカットも当たり前のご時世ですから、何とか禁止されずに出来る副業を知りたいというニーズは高まっているのは自然な流れです。

全てのサラリーマンが副業禁止になっているわけでは無いですから、確認したりルールを知る事で給与収入以外のお金を得るのは望ましいと言えます。

ネット副業の場合はサラリーマンでも可能な場合が多い

副業を行っている事がバレると不味いという方は多いですが、ネット副業の場合はサラリーマンが気楽に行なえる副業と言えます。

サラリーマンが行う事が多い副業としては、投資、ネットビジネス等が挙がり、投資は株や通貨、不動産、様々な金融商品を動かして副収入を得る方法です。

ネットビジネスの場合はせどりやネットオークション、アフィリエイトサイト作り等が挙がり、これらをこっそりと行っているサラリーマンは非常に多い時代になっています。

どうしても対面するアルバイト仕事等ではバレてしまう可能性が高いですから、ネット副業で禁止されずに行えるものを選択するのは有効です。

上司に相談して副業出来る場合もある

個別に上司に相談する事によって、会社で副業規定で禁止されていても行なえる場合がありますから、まずは上司に相談する事は1つの方法です。

現在は国内企業の8割程度は副業に対して何かしらの規制を行っているのですが、認可制を取っていて認める場合もある企業もあります。

会社に副業する前に申告を行って、許可が下りたら禁止されずに副業を行えますから、直属の相談しやすい上司に相談してみると、意外な程すんなりと副業出来る可能性があるものです。

もちろん認可制を取っている企業では、認める代わりにいくつかのルールを設定している事が多く、会社によって細部のルールは違いますが、会社に迷惑が掛からないようにやって下さいという内容に直結する事が大半です。

副業によって本業が疎かになるリスク

副業禁止では無い会社も最近は増えており、サイドビジネスやアルバイトに勤しむ正社員の方も多いです。

ただし、注意したいのは副業を頑張り過ぎて本業を疎かにする事であり、これでは副業禁止では無い会社で勤務していても、上司から自粛や禁止を迫られる可能性があります。

上司だけではなく、同僚等にも影響が出て、チームで仕事に取り組んでいる場合は同僚にも迷惑になりますし、そうなると副業禁止ではない会社でも、副業を出来なくなる可能性もありますから、あくまで本業主体で行える準備は整える必要があるものです。

どうしても本業を持っている以上は本業での結果を求められますし、副業にリソースを割くなら本業にもっと尽くしてもらいたいと捉える方は多いと言えます。

上司だけではなく同僚がどう捉えるかも副業する上では大切です。

サラリーマンの副業確定申告について

サラリーマンの場合は給与所得の他に年間20万円の収入があると確定申告する必要がある事は知られています。

年収アップに繋がる事ですから、結果的に税金がアップする事にも繋がる事を知っておく必要があり、特に住民税の変動には注意する必要があるものです。

税金が急に上がればそこから会社に副業が知られてしまう可能性があり、副収入の申告を怠れば違法になってしまいますから注意が必要になります。

副業は禁止はされていなくても、こうした税申告のルールを知っておく事は必須です。”

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ