ネット副業として人気のクラウドソーシング!

サラリーマンが副業を考える時代

デフレ経済が長く続き、景気回復の兆しも見えるのものの、サラリーマンの給料が増える状況にはまだ至っていません。そんな中で社会保険料の負担などが徐々に増えると言った状況が続いています。

こうした状況の中で副業で収入を増やしたいと考えるサラリーマンも増えています。しかし、一方で多くの会社は社員の副業を禁止しています。会社が社員の副業を禁止するのは、本業が疎かになったり、副業のために残業や休日出勤などに対する社員の対応が悪化する事を恐れての事と言えます。

サラリーマンが副業を行う際に注意すべき事項

会社が禁止している中で、本業を大切にしつつ副業を行うには、会社の副業している事が知られにくく、また会社が副業を禁止している理由に配慮した副業を選ぶべきと言えるでしょう。

会社に知られるリスクが少ない副業としては、やはりネット副業がベストです。また、最近色々と増えているネット副業の中でも、会社が副業を禁止している理由を配慮するなら、安全安心でかつ自由度が高くて必要に応じて本業を優先できる仕事を選ぶべきでしょう。

しかも、できれば本業で培ったスキルを活かせればなおさら良いと言えるでしょう。そんなネット副業としてお勧めなのがクラウドソーシングです。次項ではこのクラウドソーシングを考えてみます。

クラウドソーシングで本業で培ったスキルを活かせる仕事を確保する方法

クラウドソーシングにはIT系の仕事、Webデザインや様々なデザイン系の仕事、写真や動画に関するマルチメディア系の仕事、ライティング系の仕事など多彩な仕事が募集されています。

こうした仕事に対して自己PRを行い、求めに対して最適な提案をする事で仕事を確保する方法です。クラウドソーシングでこうした仕事はプロジェクトの仕事と言う類型になり、仕事内容に対する提案の他、価格や納期も提案者側が提示します。

提案内容を見てベストと思える人にクライアントは仕事を発注する事になりますが、受注した提案者はクライアントがサイトに借り入金した後に仕事を開始するシステムになっており、お金の回収の心配なく仕事を行えることがメリットです。また納期に少し余裕を持った提案をしておく事で、本業での残業や休日出勤などの要請にも優先的に答えつつ、副業を行う事が可能で、サラリーマンに最適な仕事と言えるのです。

クラウドソーシングではタスク作業でコツコツ稼ぐ事も可能です

クラウドソーシングでは先に記載した様なネット経由で納品できるような仕事が中心で、それにフィットするスキルがなければプロジェクトの仕事を確保する事は難しいと言えます。

しかし、そんな人でもクラウドソーシングで稼ぐ事が出来る方法があります。それはタスク作業と言われている文章作成を中心とした仕事をコツコツと行う方法です。
文章作成と言っても、小説や随筆を書く訳ではなく、意味が通じれば多くの場合、採用されます。具体的にはコラムやブログや口コミや解説記事等を依頼者のテーマに沿って、場合によってはキーワードを織り込んで作成するものです。

300~800字程度の要望が多く、単価は400字で100円程度が相場です。単価は安いものの慣れれば、短時間で作業する事が出来ます。またノルマもなく好きな時間に、好きなだけ、好きな依頼を選択して早い者勝ちで作業できる為、本業を大切にしつつ副業を行おうとするサラリーマンには最適です。

クラウドソーシングのタスク作業で、本業を優先して月に20日だけ作業を行い、作業する日に1000円/日稼げば月に2万円の収入となり、これならサラリーマンにとっては副業としてそこそこの稼ぎと言える水準と言えるでしょう。

サラリーマンの副業には節度が必要です

以上の様に、サラリーマンが副業を行う場合、単に会社のばれなければ良いと言う考え方ではなく、本業を大切にしつつ副業に取り組む事が重要です。
少しでも生活に余裕を持つためや、小遣いを増やすために行う副業であり、収入ばかりを負い求めるのではなく、本業を大切にし優先するための節度が必要と言えるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ