会社にばれずに副業で稼げる仕事がしたいサラリーマンの方は必見です

サラリーマンで副業をしてる人は珍しくありません。それが稼げる仕事かどうかはさておきみなさんの周りでも副業をしてる人の一人や二人いるのではないでしょうか?しかしサラリーマンが副業をするにあたって注意しなくてはいけないことがあります。それは会社にいかにばれずに稼げる仕事ができるかという点です。

昔よりかは大分寛容になったサラリーマンの副業ですが未だに禁止してる会社は少なくありません。やはりサラリーマンには副業より本業を優先してほしいという考え方なのでしょうか?よって会社に副業がばれるといろいろまずいわけです。

ではどうすれば会社にばれずにすむのでしょうか?さすがにいくら稼げる仕事とは会社の近くのコンビニに働くのは論外です(笑)まあ流石にそんなひとはいませんか。まずどうすれば会社にばれずにすむのか?まず気をつけなくてはいませんが会社の同僚に言わない事です。なんだそんなことかと思う人もいるかもしれませんがサラリーマンの副業がばれるのは案外同僚の告げ口だったりします。「俺、今稼げる仕事してんだよね~」なんて飲みの席にうっかり同僚にしゃべり、会社にサラリーマンの副業がばれてしまうことがあるので注意しましょう。

あとは確定申告です。確定申告はサラリーマンの副業で稼いだ所得金額が20万円以下だとすると書く必要がありません。ただここで注意が必要なのは20万円以下ならサラリーマンの副業がばれないのかと言えばそんなことはありません。住民税の申告は必要になります。面倒だとは思わずサラリーマンの副業が会社にばれた後のことを考えて是非20万以下でも住民税の申告はして下さい。

確定申告には「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という欄があります。そこの「自分で納付(普通徴収)」の欄にチェックすればいいんです。そうすれば会社に届く住民税に副業分の所得が加算せずに済みます。

その他にもいろいろ注意すべきてんがありますがおおむねこの二点をまもればばれずに済む可能性は高くなるでしょう。ぜひサラリーマンの副業のルールを覚えて稼げる仕事を頑張ってほしいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ