サラリーマンの副業はどうなる?マイナンバー制度について知っておこう

2018年7月13日

サラリーマンの副業はどうなる?マイナンバー制度について知っておこう

サラリーマンの副業は、マイナンバー制度がスタートすると、どうなってしまうのか。
このような声が、けっこう騒がれていますよね。

そこで今回はサラリーマンの副収入に追い打ちをかけるマイナンバー制度について少しご紹介していきたいと思います!

不景気続き!副業なくして生活が厳しい世の中

アベノミクスで景気が回復しているということがニュースやサイトなどで度々言われています。
ですが、サラリーマンをしながらアルバイトなどの副業をしている人が増加している現状を知ると本当にアベノミクスで景気が回復しているのか頷けませんよね。

生活が困窮していることから、市町村などの自治体から教育に関する給付などを受けている家庭も増えているというニュースさえあります。
とある市町村では、48%もの世帯がその教育援助を受けているということが明らかになったそうです。

これでも日本は、世界の中では先進国と言われています。
経済大国などと言われてきましたが、生活保護数も過去最高と言われたりしており、副業なくして生活が厳しい世の中を実感させられますね。

副業禁止の会社が多い!隠れて副収入を得る

このようなご時世なのですから、サラリーマンの副業だって多くの人が必要としていますし、サラリーマンの副業を求めるニーズは年々高まりつつあります。

とは言っても、今だに副業を認めない会社や企業も多く存在しています。
副業を禁止しておきながら、給料を上げるわけでもなく、リストラまでしてしまうのですから、「何とかしてよ」というのが、サラリーマンの本音ではないでしょうか。

副業を禁止されても生活は厳しいわけなので、副業を始めたりして収入を増やす他ありません。
会社に副業を禁止されながらも隠れて副業やアルバイトをするサラリーマンも多くいるのが現実です。

今回のマイナンバー制度のスタートは、そんな会社に隠れて、こっそり副業をしていたようなサラリーマンにとって恐ろしく感じてしまうわけです。

マイナンバー制度も大丈夫!会社にバレない方法がります!

副業での収入があるから、何とか生活しているというのに、マイナンバー制度のせいでそれが会社にバレて、副業がダメになるだけではなく、会社をクビになったら身も蓋もありません。
そこで、サラリーマンの多くの方は「副業が会社にバレない方法」というのを知りたいのではないでしょうか?

ご安心ください!
実際、マイナンバー制度が開始されても、やることをやれば副業をしていることは会社にばれないと言われています。
その方法もネット上ではいくつも見ることができます。

住民税の普通徴収と特別徴収の違いでバレるという話もあるようですが、バレない方法というものがあるはずです。
サラリーマンで副業をやめるわけにはいかない人は、早めに必要な情報を集めておくことだ大切です。

心配ならネット副業!匿名の場合はバレる可能性が低い

手作業による内職や在宅ワーク、どこかに所属して行うアルバイトであればバレる可能性が高いです。

ですが、その中でもバレる可能性が低いとしてしられる「ネット副業」というものがあります。
ネット副業はインターネット環境を使って行うビジネスなので匿名で行うことができ、特定もされにくいです。

仕事の種類は様々で、「アフィリエイト」や「クラウドソーシング」、「ポイントサイト」といったものが一般的です。
中でもクラウドソーシングはクラウドを使った仕事ですので匿名性が高いです!

自分に合っているネット副業を始めるのもマイナンバー制度に対向する手段の一つです。

まとめ:サラリーマンの副業はインターネットビジネスを!

今回はサラリーマンの間で騒がれているマイナンバー制度について少しまとめてみました。

確かにマイナンバー制度が導入されると今までとは違い正確な収入が残るようになります。
そんなためにも、本業として務めている会社にバレない書類の出し方や記入の仕方などを調べておきましょう。

また、安心して稼ぐためにはインターネット通信を使ったネット副業というものを行うのも視野にいれてみてください!

当サイトではマイナンバー制度が導入されても安心して副収入を稼ぐ方法を多数ご紹介しています!
気になった方は是非他のページもチェックしてみてください!

稼げる副業紹介所で最新情報をゲット!

稼げる副業紹介所は副業に関する情報やニュースを不定期に発信している無料のWEBサービスです。

一般に出回らないお得な情報も配信されていますので是非ご利用ください!

配信希望の方は下記QRコードからお友達の追加をお願いします。
(QRコードをタップしても追加できます。)